応募作品詳細


コメント

※コメントは管理者の承認後、サイトに表示されます。

  1. 夏冬 より:

    動画内の字幕を読み、涙が出ました。そして、コメントを読み、涙があふれました。
    私は、動物は好きですが、ペット飼育歴はありません。保護犬についても、自分の手で活動した事はありません。近年、世の中で保護犬、猫への関心が高まり、自然と目にする機会が増えた為、自分もなんとなく関心を持っていただけです。でも、今、命の重さ、保護の意味、責任の重さと、かけがえのない関係を知りました。

  2. Dai より:

    応援しています

  3. NKK より:

    こんな暖かく、強烈なメッセージは始めてです。
    涙が止まりません。ありがとうございました。

  4. masE より:

    youtubeのコメントしましたが、こちらのサイトには同期されないようなので、改めてコメントさせて頂きます。

    譲渡会や譲渡マッチングサイトで飼育放棄の理由をみると、“(自分の)子供が出来たから”“(自分が)妊娠した”という理由が散見されます。非常に自分勝手な理由であると思う一方、子育てが想像以上に大変だという事。また、漠然と将来が不安になる方もいらっしゃるでしょう。決して簡単な事ではない。でも、yoheisonooのご家庭を見ていると不可能ではないと勇気付けられます。このような理由で放棄するかどうか迷われている方、この御家族が発信しているメッセージに気付いてほしい。“手放す”事が唯一の方法なのか、家族でもう一度相談してほしい。